看護小規模多機能型居宅介護とは

看護小規模多機能型居宅介護とは、医療ニーズの高い人が利用できる在宅サービスが少ないことから、2012年4月から「複合型サービス」として制度化された事業です。
「グループホーム」や「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」などと同様に、事業所が所在する市町が指定する「地域密着型サービス」の一つで、「訪問介護」 「通い」 「泊まり」に加え「訪問看護」を同じスタッフが支援できる特徴があり、がん末期の人や老衰の終末期の人のターミナルケアや緩和ケア、在宅酸素使用等の医療ニーズの高い療養者に向いているサービスです。
それぞれに定員を設け、その人に合わせた在宅支援を行える柔軟なサービスを行い、個々の異なる暮らしを支えることができます。

 

詳細はこちら

 

さんコープの基本理念

「住み慣れた我が家で、地域で安心して心豊かに暮らしたい」という願いを実現します

○利用者と職員がともに笑顔で過ごせるよう、「生協10の基本ケア」を実践することで、利用者の自立を支援する介護サービスを提供します。
○利用者が歩んで来られた人生を尊重し、心寄り沿う介護を実現します。
○地域の住民に愛される存在になります。

 

^